::引き出しの奥にしまった手紙のような::
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

- - -
夢の話




「明晰夢を見すぎると、夢か現実か分からなくなってしまうんだよ。」





夢の話をしました。
彼は夢の中で夢だと気づく事ができ、好きなように夢をコントロールできるそうです。
羨ましいと私が言うと、彼は不安になると言っていました。
「夢だと思って、この窓から飛び降りたら、これは現実だから死んでしまうでしょ?」
最近は、夢から覚めたいと思っても起きられず苦労するそうです。

その話を聞いて、昔誰かから聞いた言葉を思い出しました。
彼もそうなってしまい、頭がおかしくなるのではないかと不安に思いました。
夢から出られなくなってしまったら、どうなってしまうのでしょうか?






しかし、この話をしているこの私も彼の夢を見ているだけかもしれないし、
私自身が、彼がみている夢でしかないのかもしれない。

 
diary comments(0) trackbacks(0)
a trick of light

去年はお世話になりました。
今年も宜しくお願い致します。

ずっと、変わる事なく生きていく事を望むほど、
変わっていく事に敏感になってしまって、変わっていく事に胸を痛める事になってしまう。
私も周りもずいぶんと変わってしまいました。
髪型も、服装も、考え方も、
私を形作るものは何なんだろうと考えます。


。。。


///


先日、自分の軸になるものの話をした事を思い出しました。
軸のある人はすごいなあ。

自分には、とくに秀でたものはないし、軸になるものは思いつきませんでした。
ただ、好きな人とおいしい物を食べて、
綺麗なものを見たり、聴いたりして自己満足に浸るだけです。



これから先もこうやって、静かに穏やかに過ごせていけたらと思いました。


 
diary comments(0) trackbacks(0)
Y E M M A


例えば、あなたがどんなに美しい言葉を並べたとしても、
それは、あなたが美しいという事にはならないのですよ


どんなに美しい物を観たとしても、どんなに美しい曲を聴いたとしても、
あなたが美しいという事にはならないのです。


名前も忘れてしまったような(もしかしたら、はじめから名前なんてない)歌を、
ずっと頭の中で繰り返し歌っていた。


何の意味もない事を、産まれてからずっと繰り返している。



 
memo comments(1) trackbacks(0)
シバミノル個展「オオカミとシロクマ」






シバミノルさんの展示のクロージングで、詩の朗読をさせていただく事になりました。
初めての朗読なのでどんな感じになるのか、今からわくわくしています。



シバミノル個展「オオカミとシロクマ」
ART SPACE BAR BUENA
11/23(日)〜29(土) 19:00〜24:00
※24(月・祝)は定休日となります。
※Barでの展示となります、1drinkオーダーお願いいたします。
—————————————————————-

◯オープニングイベント/メルヘンのいりぐち
2014.11.23 sun 20:00 start 
<ライブドローイング>
描き手:シバミノル 演奏:三ツ井嘉子(フルート)

◯クロージングイベント/銀河のいりぐち
2014.11.29 sat 20:00 start
<詩の朗読「おおかみとしろくま」> 
読み手 : chloe orin
<メルヘンのおそうしき>
*参列の方へ作品の一部を「銀河への切符」として差し上げます
—————————————————————-
ART SPACE BAR BUENA
http://buena.tokyo

こみあげるへや
http://komiageruheya48.tumblr.com/post/100905058487/30

 

DM用意してありますので、欲しい方は声をお掛けくださいな◎

news comments(0) trackbacks(0)
煙と影

時を重ねるごとに、同じ時間を繰り返すごとに
あきらめる事になれてしまって
あきらめている事にも気づかなくなってしまって
そんな日々です。

いけない事をたくさんしています。
内緒の事をたくさんしています。
誰にも言わないで消えてゆきます。

あわ
あわ
あわ
あわ

炭酸水はもう気が抜けてまずい
美味しくない物には価値がない ほんと?

こういう事を書く事さえ、気恥ずかしくなって何もできなくなっていきます。


オルセー美術館の彼は言っていました。青い煙の事を。
私は思い出しました。
昔、美術の先生が影は青いと言っていた事を。
どうにも上手くいきません。

好きだったはずなのにな。
変だな、おかしいな。


 
diary comments(0) trackbacks(0)
||| EPV 4th Anniv.-3rd stage ||| EPV_156 "TALKIE" EPV WHITES


この度、elementperspectiveさんの4周年記念のコンピレーションアルバムに参加させていただく事になりました。アルバム名の"TALKIE"とはトーキー映画からきていて、聴いてくださる方、それぞれのシーンや物語を作って欲しいという願いが込められているそうです。

今まで、私はelementperspectiveさんのコンピレーションアルバムを聴く側の人間だったので、まさか誘っていただけるとは思いもよらず驚きました。声を掛けてくださいまして、ありがとうございます。


||| EPV 4th Anniv.-3rd stage |||
EPV_156 "TALKIE" EPV WHITES / free download

http://elementperspective05.bandcamp.com/album/talkie 

アーティストページ
http://epv-artists.tumblr.com/post/82995212601/chloe-orin


私はamadeusとsamaraという曲を提供させていただいています。せっかくなので、少しだけ紹介させていただきますね。

"amadeus"は、私が書いた一編の詩からできた曲です。

「アマデウスという言葉の意味を知らなくて、ずっと鳥の名前だと思っていたの」
その詩を読んでくれた友だちに、ふとそう話した時に「私は花の名前だと思っていた」と友人が言いました。全然違う物を想像していた私たちでしたが、アマデウスという言葉に愛を感じていました。その事がなぜだかとても嬉しかったのを覚えています。それからできたのが、このamadeusという曲です。


"samara"は私の大好きな場所がまだあって、そこに大好きな人たちが集まっていた頃にできた曲です。


"samara"という名前には"神によって保護された"という意味が込められています。私はよく夢を見ます。夢はその時々によって、色がついていたり、匂いが付いていたり、曲が流れていたりと様々な夢を見るのですが、その頃の夢には決まって同じ曲が流れていました。目が覚めると忘れてしまうのですが、それをどうにか現実におこしてみたいと思って作った曲がこの"samara"という曲です。


他の方々の素敵な曲もたくさん入っています。ぜひぜひダウンロードしてみてください。
そして、たまに思い出して、そっと聴いてくれたら嬉しいです。


 
news comments(0) trackbacks(0)
くすり

いつからか魔法もおまじないも効かなくなってしまった
あの頃は、それが一番の薬だったのに。


 
memo comments(0) trackbacks(0)
::.
夜の街を、ビルの屋上から屋上へと飛んで回る。
 
φ comments(0) trackbacks(0)
2014



A HAPPY NEW YEAR 2014


素敵な年になりますように、
今年もどうぞ宜しくお願い致します


ゆっくり、丁寧に、進んでいけたらいいですね



 
diary comments(0) trackbacks(0)
時空の歪み


時空の歪みというのは、けっこう身近にあるのかもしれない
気がつかない内に、そちら側に足を踏み入れていて、
気づいた時にはもう手遅れで、戻って来れなくなっている。


 
memo comments(0) trackbacks(0)
| 1/10 | >>